大学二年生がするにはいくらなんでも遅すぎるといった自分でも自覚していました。講習勉強で、おんなじ勉強に行き、おんなじコースの役目になった男子教え子のことを好きになったのでした。一月寸法の長い講習勉強スパン、ほぼデイリー、昼前前もってミッドナイトまで一緒に過ごしました。お互いの領域の態度、仕事コースの子供たちのことを長期間言い出し、気が付いたら関係ないことも長期間物語するようになっていました。教師にかけていたくせに内向類だった私は、男子というこんなにも長期間しゃべったのはそれがようやくで、あんな他愛も無い理由で好きになってしまったのでした。講習勉強がおわり、普通の大学毎日が始まり、あまり申し述べることがない日毎に戻ってしまってからも、私はどうしても機会を作って喋れないかなあといったばっかり考えていました。

大学時代に、いよいよ色恋をしました。ふつうの顧客なら小学校とか中学がするような、典型的な片思い。大学二年生がするにはいくらなんでも遅すぎると自分でも自覚していました。手解き演習で、おんなじアカデミーに行き、おんなじワークショップの受け持ちになった旦那教え子のことを好きになったのでした。一月瞬間の長い手解き演習日にち、多分デイリー、午前予め夜更けまで一緒に過ごしました。お互いのワークショップの仕打ち、受け持ちワークショップの子供たちのことを山盛り言いだし、気が付いたら関係ないことも山盛りおしゃべりするようになっていました。教師にかけていたくせに内向系だったわたくしは、男子とこれ程山盛りしゃべったのはそれがはじめてで、こんな他愛も無い理由で好きになってしまったのでした。手解き演習が終わり、普通の大学生活が始まり、からきしおっしゃることがない日々に戻ってしまってからも、わたくしはいよいよ機会を作って喋れないかなあというばっかり考えていました。構内でばったりあって、幾らかお喋りができたお日様は舞い上がるように嬉しかったのを今でも覚えています。http://xn--dckg3bxa6a4b5c9g9gp422adrkpk9r.pw/